若い会社だからこそ、
若い社員にチャンスがあふれている。
村田 元
GEN MURATA
エネルギー事業部 部長/2010年入社
経験したことのない分野へのチャレンジ。
前職は、眼鏡メーカーの商品管理部で商品の仕入れや販促活動のためのチラシ・POPなどを作成していました。デベロップに入社したのは、2010年です。当時、弊社では提携していた中国工場が大臣認定を取得したことで、現地への出向社員を募集していました。もともと海外生活が長く、中国やマレーシアの企業で働いていた経験もあったので、ぜひチャレンジしたいと思い、応募させていただいたのが入社のきっかけです。入社後は、社内事情が変わったことで、トランクルーム事業を管理する部署に配属されました。これまで経験したことのない分野への挑戦となったので、自分のスキルを発揮できる自信がありませんでしたが、成長に合わせてチャレンジできるので、確実にスキルアップできていると実感しています。入社当時は社員11名しかいない小さな会社でしたが、今や300名近い社員を抱える企業にまで成長しました。創成期のメンバーとして、とても感慨深いものがあります。
的確な情報を提供して、
期待以上の利益を。
現在は、エネルギー事業部の部長として、メガソーラーの開発や工事のマネジメントを担当しています。複数の現場を常に同時に抱えているので大変な面もありますが、やりがいのある仕事です。何もない山が切り拓かれ、大きなダムが作られる。その上に、大規模な太陽光発電施設が完成する。日を追うごとに目の前の風景が変わっていく様を、自分自身の手でコントロールすることができるという点が魅力です。未開の土地を購入し、開発許可をいただくところから関わるので、工事を終えて無事に完成した時の達成感はひとしおです。私は常にすべての人に「期待以上の利益」を提供したいという一心で仕事に取り組んでいます。お客様に対しては、金額以上のサービスを。協力会社のみなさんには、想像以上にスムーズなマネジメントを。そのような実績を、一件一件、着実に積み重ねることで、「次の現場もぜひお手伝いさせてください」と声をかけていただけるような環境を整えています。
私たちがやるしかない、という使命感。
大変な労力をかけて造り上げた施設が、台風の直撃によって崩れてしまうこともあります。そのような時は、現地の被災地に3〜4日泊まり込んで補修工事を行います。その費用は弊社で負担する場合もあれば、お客様にご負担いただく場合もあります。ゼロから造るものに関しては「ありがとう」という言葉をいただけますが、壊れたものを直す場合には痛手の出費になるので気持ちのいいものではありません。私たちも心苦しく、モチベーションが下がってしまうことも正直あります。しかし、工事前に挨拶にうかがっていたお宅のことや、地主さんに承諾をいただくまでにかかった時間のことを思うと熱い気持ちがよみがえります。この困難を乗り越えるためには、開発の前段階から携わってきた私たちが動くしかない。その強い使命感が、「負けてなるものか」という気持ちにさせてくれるのです。
挑み続けることで、事業を次々に拡大。
デベロップの最大の魅力は、新しい事業に「素人集団」で挑み続けてきたことです。コンテナの倉庫を造るだけの会社が、コンテナを使ったホテルや再生可能エネルギー事業をスタートさせ、今や、保育園事業まで手掛けています。本業しかやらないような職人肌の会社ではなく、時代の一歩先を読みながら、本業をフレキシブルに変えることができる柔軟な会社が、デベロップなのです。まだ20年にも満たない社歴にもかかわらず、常に新しい領域にチャレンジし、事業を次々に拡大している会社は他にないと思います。当社には他社や異業種でキャリアを積んできた社員がたくさん在籍していますが、皆、在籍年数が短い。しかし、だからこそ、若手の意見が通りやすい社風でもあります。私が必死に学んで得てきた太陽光に関する知識も、若い社員が一瞬でひらめいたアイデアの方が面白いかもしれない。部長や先輩社員に「今までやってきたことは何だったんだ?」と思わせることができる、チャンスにあふれた会社です。
既成概念に捉われない。だから成果が出しやすい。
デベロップは、その名の通り、新しいことに挑戦し続ける会社です。しかしながら、まだ歴史が浅いために、教えて育てるということに不慣れな面もあります。その点を長所と捉え、前向きに取り組める人は必ず成長できると思います。当社は今、ベンチャー企業として安定期を迎えており、どの部署もヤル気のある人材を広く求めています。様々な事業がゼロから創り上げられているので、既成概念に捉われないことに楽しみを感じられる人なら成果が出しやすい環境です。「古臭い会社はうんざりだ」という人にとっては夢のような会社ではないでしょうか。何かいいアイデアがあったら社長に持っていってみてください。きっと少年のように目を輝かせながら話を聞いてくれるはずです。これからも混沌とした時代が続きますが、「仕事=志事」と考え、何が自分にできるかを常に問い続けてください。あなたが必要とされる場所は、デベロップにあります。
普段の一日のスケジュール
9:00
物件視察
12:00
お昼
13:00
社内打ち合わせ
15:00
メールチェック
17:00
商談
19:00
退社
OTHER PEOPLE
他の社員を見る
保育士
林 千絵
建築設計部
安田 和則
ホテル事業部
小玉 小太郎
法務部
中野 智